生理不順に悩まされる女性

生理不順の女性は多いと思いますがトリキュラーを服用することによって生理周期を改善することができます。今まで生理不順に悩んでいた方は一度トリキュラーを服用して生理周期を見直してみましょう。

経口避妊薬トリキュラー服用中の胃潰瘍治療は

経口避妊薬トリキュラーを服用中には、医薬品との相互作用に注意する必要があります。ドラッグストアなどで購入する市販薬の場合には、併用しても影響はありませんが、医療機関で処方してもらう医薬品の場合、経口避妊薬トリキュラーの効果が低下することもあります。
炎症や風邪などで広く処方されるテトラサイクリン系抗生物質やペニシリン系抗生物質と併用すると、経口避妊薬トリキュラーの吸収が妨げられて、避妊効果が低下します。不正出血があった場合には、経口避妊薬の成分が十分吸収されていない印になります。不正出血がなくても、吸収されていない可能性もあるので、併用した場合には、他の避妊手段をとるように注意しましょう。
胃潰瘍は、胃液に含まれる塩酸やペプシンが胃を保護する粘膜を消化してしまう病気で、みぞおちのあたりの腹痛や吐き気などの症状があります。胃潰瘍の原因は、ストレスやピロリ菌の感染で、刺激の強い香辛料などの過剰摂取、薬の長期服用でも胃潰瘍になることがあります。胃潰瘍の治療で、ピロリ菌の除菌のための薬物療法を行う場合があります。この際に、前述の抗生物質が処方されることがあり、トリキュラーの避妊効果が低下します。
治療を優先させる場合には、治療薬の服用中と、服用中止後の7日間は、他の避妊手段をとるようにします。また、除菌後も、長期間にわたって予防薬が処方されることがあり、その場合にはピルと併用できるかを医師に確認してください。
医薬品によっては、ピルの効果を弱める作用があるもの、強める作用があるものもあり、逆にピルと併用することで、その医薬品の作用が強くなったり弱くなったりするケースもあります。自己判断せずに、医師の指導に従うことをおすすめします。