生理不順に悩まされる女性

生理不順の女性は多いと思いますがトリキュラーを服用することによって生理周期を改善することができます。今まで生理不順に悩んでいた方は一度トリキュラーを服用して生理周期を見直してみましょう。

40代女性の脱毛や白髪の悩みはトリキュラーで改善?

40代後半から50代前半の、閉経前後の10年間が「更年期」です。この時期にはのぼせやイライラ、脱毛、めまいなどの症状がある人が多く、心身の症状が強い場合には、更年期障害と呼ばれます。最近では、それより若い30代後半から40代前半の年代でも、更年期障害に似た症状を訴える人が増えてきています。このようなケースがプレ更年期です。
プレ更年期の症状は、生理の量が減る、ほてりやめまいがあるなどの身体的症状、不眠、不安、イライラなどの心の症状、肌のかさつきやシミ、しわ、脱毛、白髪などさまざまな症状があります。
プレ更年期の原因は、更年期のような卵巣機能の急激な衰えではなく、卵巣機能が徐々に低下しているところにストレスがたまったことです。自律神経がうまく働かなくなって女性ホルモンの分泌が抑えられ、これらの症状が現れるという仕組みです。ホルモンの減少が続くと、そのまま更年期に移行することになるので、トリキュラーなど低用量ピルで女性ホルモンを補うことをおすすめします。
プレ更年期のうちにトリキュラーで卵巣機能を安定させてホルモンバランスを整えておくと、体調を安定させることができます。白髪や脱毛などの症状が気になるようなら、女性外来などで相談してみてはいかがでしょうか。
トリキュラーは、1日1回同じ時間に服用します。ただし、クリニックによっては40代以上の女性には処方されないこともあります。これは、ピルには血液をかたまりやすくする作用があるので、血栓症のリスクのある人は禁忌となっているからです。35歳以上で、1日に15本以上喫煙する人もピルを服用することができません。高血圧や肥満の人もリスクが高いので、医師の指導に従いましょう。